QLOOKアクセス解析
 
 
09
08月10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Ho_ly の twitter
プロフィール

holysilverjet

Author:holysilverjet

島根県で活動するグラフィック/Webデザイナー。バンド、マンガ製作が趣味。

Ho_ly 関連リンク

Ho_lyのブログ
…Ho_lyの個人的な日記。


スプロケ☆ステーション
…松江市で活動するバンド「SPROCKET(スプロケット)」のサイト。


DUCCA+ Web
…Ho_lyが組んでいるユニット「DUCCA+」のページ。


ORANGEBOX Web
…Ho_lyが2000年から組んでいる男性3ピースバンドのページ。


このブログをリンクに追加する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
06/04

MacBook Pro 13inch とりあえず使い始めてます。

Category : Mac
IMG_6094.jpg

Apple Store で注文した MacBook Pro 13inch ( Early 2015 ) が届き、
諸々のセットアップがやっと完了しつつあるので、使用感など書いていきたいと思います。
ちなみに写真に一緒に写っているのは愛用しているエレコムのマウス。

■うすっ。ちいさっ。かるっ。
まーこれまで 15inch を使っていたので当然なのですが、それを差し引いても
かなり薄く軽くなったなという印象を持ちました。
Super Drive も無くなったし、HDD → SSD となったし。
端子類も様変わりしましたね〜。2009年には無かった USB3.0 や Thunderbolt があります。
そして FireWire は廃止。感慨深い。
5〜6年後には USB-C 端子のみになって、「昔はポートがいっぱいあったよね〜」
みたいな話をしているのでしょうか。

■Retina やっぱりすげぇ。
iPhone で見慣れているはずなのですが、Mac の画面として見るとやはり
印象がかなり違いますね。本当にピクセルが全然見えない。
私は Ilustrator などの作業領域を稼ぎたいので、環境設定でディスプレイの解像度を
一番広く使えるものにしていますが、それでもはっきりくっきり見えます。

ちょっと気になるのが、あまりに細かいので、これまで見ていたWebのボタンなどの画像が
ぼやけて見えることが多いということですね。
これ Web屋さんは大変だな〜。

今後はディスプレイが高解像度のパソコンが増えていくと思うので、
今までのように「1px が 1px で見える」ということはなくなっていくかもしれませんね。
高解像度ディスプレイはひっそりとWebの常識を変えていってるのかもしれません。

■感圧トラックパッド不思議。
ずっと使っていた 15inch のトラックパッドは、もうボタンが固まってしまっていまして、
押してもクリック感がなくて作業はすべてタップで行っていたので、
久しぶりに感じた「クリック感」でしたが、
「これほんとに下に沈んでないの?」と思うほど自然にクリック感を出してくれてます。
PowerBook 時代はトラックパッドの下部がボタンになっていて、
「親指でクリックをホールドしながら人差し指でポインタを移動してドラッグする」
というやり方がずっと染み付いている私でも、実にスムーズに使いこなすことができます。

■電源コード要らないのステキ。
もう 15inch は買ってから6年半も経っているので、当然バッテリーは劣化して
ほぼデスクトップ状態だったのですが、やはりコード無しで使えるのはいいですね〜。
朝充電したら夜までもつというのは素晴らしい。
まー使用状況にもよりますけどね。重い作業をしていればそのぶん減りも早いです。
できるだけ 20%〜80% の状態を保つように心がけています。

■Yosemite メモリ使いすぎでしょ。
将来のことを考えて、メモリを 16GB に増やして購入したのですが、
普通に何もアプリケーションを起動してない状態で4GBくらい消費してるじゃないですか。
デフォルトの 8GB で妥協しなくてよかった〜(・_・;)
普通に Illustrator とか Photoshop を立ち上げて、Chrome とか使ってると
それだけでスワップが発生しそうですよ。
OSを重くして次の Mac を買わせようとする作戦もうやめて欲しいですね〜。

■Adobe CC と CS4 のやりとりは不具合がけっこうありそう。
まだ少ししか使ってないのですが、会社の環境が Mac OS 10.6、CS4 なので
やりとりで不具合が発生しています。

今のところ、
・CCで加工した psd を CS4 のイラレで配置するとプレビューが表示されない
という現象が起きてます。

解決法はちょっとまだ見つかってません。
とりあえず CS4 のイラレで、その貼り付けられている画像を他のレイヤーに移動すると
プレビューが表示されるようになったのですが、これが決定打なのかもう少し検証が必要です。
それに、レイヤーを移動したら順序が狂ってくるので移動させたくない場合もあるので、
もっとちゃんとした解決法がないかなと思っています。

■フォント厳しいね。
10.6 の環境ではインストールオッケーだったフォントも、
Yosemite では NG になることが多いですね。
よく使っているフォントがダメとなると非常に厳しいですね〜。
まー他の似たようなフォントを探してやりくりするしかなさそうです。

そうそう、「Avenir」が確か Lion あたりから追加されて、
これたまに使いたいのですが、Snow Leopard にはインストールできないので、
これも使いにくいですね。(無理やりインストールするとシステムが不安定になります。)
まーアウトライン化すればいいのですが。

とりあえずつらつらとこのような感じです。
まだまだ色々と感想が出てくると思いますので、気が向いたら書いていこうと思います。
スポンサーサイト
 
05/13

MacBook 15inch ( Late2009 ) がついに故障。狙いは MacBook Pro Retina 13inch 。

Category : Mac
macbookpro.jpg


2009年の10月に購入した MacBook 15inch がついに壊れました。

恐らくHDDの破損なので、交換すれば復活するかもしれませんが、
他にも不具合がけっこうあって、この際新しいのを購入することにしました。

今使ってるやつは余裕ができたらそのうち修理すればいいかなと。

今話題の MacBook も魅力的なのですが、やはり仕事で使うとなると
スペック的にも拡張性的にも心もとないので、
私が狙っているのは MacBook Pro Retina 13inch です。

Air はお手頃な価格が魅力ですが、端子が少ないのと、
デザインの仕事でがっつり使うには少し非力かな?と感じます。

ストレージに関しては思い切って 128GB にしようかと。
結局ローカルストレージはいずれ壊れるので、
今後データはオンライン上にバックアップを取りたいと思っています。

今回は外付けHDDにバックアップを取っていたのでなんとか被害を最小限で食い止められました。

画面のサイズに関しては、結局15インチでも狭いんですよね。
外付けのディスプレイを買って、デュアルディスプレイで使いたいと考えています。
ディスプレイもだいぶ安くなりましたからね〜。

だからマシンは13インチで十分。

6年前は思いもつかなかった使い方ですね。
オンラインストレージもかなり安くていいものが増えてきましたから。

メモリに関しては、ちょっと見ない間に「増設不可」になっているんですね!
後から増やせばいいやと思っていたのですが、これができないというのが誤算でした。

量販店ではデフォルトの 8GBモデルしか取り扱えないので、
Apple Store でカスタマイズして買うしかないということがわかりました。
ポイントが欲しかったのにな〜。

でもできるだけ長く使いたいので、メモリは最大にしておかないと
絶対後悔しますから、しょうがないですね。

しかし私の Mac もいよいよ次で 4台目か〜。しみじみですね。
私のパソコン使用遍歴を書いておきましょう。

1998年くらい〜 Fujitsu FMV(Win95)
2001年くらい〜 PowerMac G4 グラファイト
2003年くらい〜 MacBook 白
2006年くらい〜 MacBook 黒(Tigerが動く最後のMacBook)
2009年10月〜 MacBook Pro 15inch

あ、あと会社では 2005年〜2008年くらいまで MacBook G4 17 inch
2008年〜2009年は PowerMac G5 を使ってましたね〜。懐かしい。

現在会社では Intel Mac の Mac Pro OS10.6 のやつを使ってます。
こいつもかなり古くなってきましたが、新聞社への入稿がこのあたりまでしか対応していないので、
まだまだ現役で動いてもらわないと困る状況です。

メモリを16GBに増設してあるので、わりと快適に動いてくれてますが。

新しい MacBook がめちゃくちゃ快適なら、案外メインマシンがノートなんてこともあるかもしれませんね。
 
10/20

Yosemite は「よせ、待て!」な模様。

Category : Mac
yosemite.jpg

Mac OS 10.10 "Yosemite" がリリースされましたが、
Adobe CS4 ユーザーはアップグレードは待った方が良さそうです。

起動できない、読み込みできないなど
致命的なエラーが発生し、しかも OS のダウングレードもできないとのこと。

これはまずいです。
Mavericks はそれほど問題もなく CS4 が動いていただけに
ちょっと安心していた部分もありますが、これほどとは思いませんでした。

もう Adobe 社も CS4 のためにわざわざ Yosemite に対応するような
サポートもしてくれないと思いますし、
Yosemite にするのであればもう最新版の CC にするしかなさそうですね。

入稿先が印刷会社の場合はまだ良いのですが、
新聞社はいまだに CS2 レベルでの入稿を推奨してますので、
なかなか今の環境から抜け出せないんですよね。

とはいえ取引先や他のデザイン会社からのデータが CS5 以上で
開けないことが増えてきているのも確か。

悩ましいところです。
 
07/31

Macbook Pro (mid 2009) のメモリを4GBから8GBに。快適!

Category : Mac
mem.jpg

2009年にはピッカピカだった私の MacBook も、
だいぶ年季が入ってきました。

当初はメモリが 4GB もあれば大丈夫かなと思っていたのですが、
だんだん動きがもっさりしてきまして、
「purge」のコマンドを利用してだましだましたやってましたが、
最近ついに耐え切れなくなり、メモリを買うことにしました。

こちらのサイトに詳しく載っていたので、参考にさせてもらいました。

非常に簡単ですね。
ネジを外して挿し替えるだけ。

結果はというと、非常に満足しております。

「Magican」というフリーソフトで常時システムの状態をモニタリングしているのですが、
交換前はIllustratorを立ち上げているだけで75%くらいのメモリが費やされていましたが、
交換後はIllustrator+Photoshop+Chromeでも50%を越えません。

動きも非常に快適。
さすがに最近のMacBookには劣りますが、
少なくともカーソルがくるくる回って何分も待たされることはなくなりました。

これであと数年はいけるかな?と思ったりしています。
Mac OSや iOS が今後どうなるか、印刷会社や新聞社の
データ受け入れ状況がどうなるかによってもだいぶ変わってきますが。

いやー7,000円程度でこの快適さが手に入るのであれば、
もう少し早く交換しておけばよかったかなと思います。
だいぶ無駄な時間を費やしたかなと。

会社のMacもメモリを増やしたくなりました。今は3GBしか入ってないので。
 
01/20

Apple、電子書籍関連のアプリを発表

Category : Mac
i.jpeg


Apple が「iBooks 2」「iBooks Author」「iTunes U」を発表しました。

iBooks 2 は、これまで通り電子書籍を App Store からダウンロード、閲覧できる
アプリですが、今回はそれに加えて「電子教科書」が読めるようになったそうです。
読めるだけでなく、蛍光ペンで重要なところをマークできたり、
単語帳のように重要なところを隠したりして学習をサポートする機能があるとのこと。

電子教科書は App Store から購入でき、これらは後述の「iBooks Author」で作られたものだそうです。
動画や3Dモデリングもマルチタッチで自由に動かすことができるので、
分子構造なんかとてもわかりやすいでしょうね。

まだ英語版だけのようですが、日本語版が出てきたら、
日本の教育現場でも使いたいというニーズが出てくるのではないでしょうか。

iBooks Author はこの iBooks で閲覧できる電子書籍を作ることができるアプリ。
これは iOS 用ではなく、Mac 用のアプリです。

私はこのアプリ(というか iBooks と iBooks Author の一連の流れ)、
かなり注目しています。
電子書籍化をしてみたいけど、なかなか敷居が高いと思っていた企業が、
どっとこの分野に流れ込んでくると思います。

インターフェースも Keynote のように自由で洗練されたもので、
とても使いやすそうです。
縦書きに対応しているかどうかは不明ですが、
対応していたら素晴らしいですね。

が、大変惜しいのが、このアプリケーションは Mac OS 10.7 以降でしか動作しません。
私はすぐにでも入れてみたかったのですが、Adobe やその他のアプリケーションの対応を
様子見の状態なので、まだ 10.6 なのです。

非常に試してみたいです。

そして iTunes U は、世界中の主要な大学や学校の講義が無料でストリーミングされ、
閲覧できるというアプリ。
講師がこのアプリでストリーミングを配信することも可能だそうです。

Apple は、今度は教育現場を変えていこうとしているようです。

教育の電子化については賛否両論が繰り返されていますが、
子どもたちがより良い教育を受けられるようになることを
願う気持ちは誰も変わらないと思います。

これらの仕組みがそれに寄与できればいいですね。

▽いいね!と思ったらクリックして応援お願いします!▽
にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。