QLOOKアクセス解析
 
 
12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Ho_ly の twitter
プロフィール

holysilverjet

Author:holysilverjet

島根県で活動するグラフィック/Webデザイナー。バンド、マンガ製作が趣味。

Ho_ly 関連リンク

Ho_lyのブログ
…Ho_lyの個人的な日記。


スプロケ☆ステーション
…松江市で活動するバンド「SPROCKET(スプロケット)」のサイト。


DUCCA+ Web
…Ho_lyが組んでいるユニット「DUCCA+」のページ。


ORANGEBOX Web
…Ho_lyが2000年から組んでいる男性3ピースバンドのページ。


このブログをリンクに追加する

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
12/21

Deff 背面プロテクターを購入してみました。

Category : iPhone
私は iPhone にケースをつけるのがあまり好きでなく、
ずっと表面にフィルムだけ貼って使ってきたのですが、
今回 6 Plus にしてやはり手から滑り落ちそうになる感覚がずっとあり、
何かしらホールド感を増すものを取り付けないといけないなと思っていたところ、
面白いものを見つけたので買ってみました。

DSC08761.jpg
ガラス製の背面保護シートです。
〈画像をクリックすると拡大します〉

ガラスですので、表面は非常に滑らかでツルツルしています。
iPhone 4 を使っていた時の手触りを思い出す感じです。

iPhone 6 の背面は非常にサラサラとしていて、特に乾燥する冬場は「スルッ」と
手から滑り落ちそうになります。

このプロテクターは手にしっとりとなじむというかひっつくというか、
ホールド感を増してくれます。

それと私が非常にキライな「Dライン」を隠してくれる役目もあります。
前面も背面も真っ白で、非常にスッキリしました。

ただ、プロテクターが非常に薄いので、うっすらDラインは見えます。
それでも何もつけないより何倍も見た目が良いなと思っています。

薄いですから、カメラの出っ張りを保護することはできません。
これもしょうがないと思います。
カメラの出っ張りと同じくらいの厚みにした場合、かなり持った感じが
変わってくるのではないかと思います。

このプロテクターは厚みが変わった感じがまったくありません。
それも好印象。せっかく薄い iPhone 6 Plus をわざわざ厚ぼったくしたくないですし。
(まー元々そんなに薄くして欲しいわけじゃないですけど。薄くするより電池の持ちを良くして欲しい…)

貼りやすさもいいですね。
カメラ部分を起点にして、アップルマークにピタリと合うように位置決めをすれば
完璧な位置に貼ることができます。

非常に気に入りました。


Deff ハイグレード ガラススクリーン プロテクター iPhone6 Plus White 背面プレート DG-IP6PG3BWHDeff ハイグレード ガラススクリーン プロテクター iPhone6 Plus White 背面プレート DG-IP6PG3BWH
(2014/10/30)
Deff

商品詳細を見る
スポンサーサイト
 
12/01

iPhone 6 Plus をしばらく使ってみて

Category : iPhone


iPhone 6 Plus をしばらく使用して色々思うことを、
今さらですが書いてみたいと思います。

■画面が大きいのに慣れると戻れない

やはり一番違うのは画面の大きさですね。多くのユーザーと同様に、私の第一声も「でかっ!」でした。

ゲームや動画閲覧時に特にその大きさを実感します。液晶も「しっとり感」があって美しいです。

Web の閲覧もかなり印象が変わります。
非常に見やすい。
Webサイトは縦長のものが多いので、一度に見渡せる情報量が多いですし、画面が大きいのでPC用サイトでも拡大しなくても読めるのがいいですね。

実はかなり恩恵を受けているのがキーボード。画面が大きい分、自ずとキーボードのボタンのサイズも大きくなり、ミスタイプが格段に減りました。

私はQWERTYキーボードで文章を打つことが多いので、iPhone 5 より圧倒的に 6 Plus の方が打ちやすいです。

どうせ大きくなるなら大きい方で、と思って Plus を選択しましたが、正解でした。

■処理速度

動作はキビキビしてますね。私は iPhone 5 からの乗り換えですが、アプリケーションの起動や切り替え、文字入力のレスポンスなど、だいたい1.5倍くらい速く感じます。

まーだいたい 5 以降は元々そんなにもたつく場面がないので、3G → 4、4→5 の時のような、「おぉ~速ぇー!」という感動はそれほど無いのですが、それでも重い処理を行うアプリを動かす時はかなり恩恵を感じますね。

ただ、Webの読み込みは特筆すべきものを感じます。非常に早くなっています。2~3倍速く感じます。

ヘタしたら、パソコンでWebを見るより速いです。最近のパソコンはどれくらいの読み込み速度かわかりませんが、少なくともちょっとした調べ物をするときには、私の MacBook(Late 2009 メモリ8GBに増設)よりも 6 Plus の方が早いです。スリープからの復帰も考えるとさらにですね。

■電池の持ち

これはかなりのウェイトで期待するところでした。私の 5 は電池交換プログラムの対象でして、1日に2~3回は充電が必要でした。みるみる減っていくんですよね。

それと比べるのはちょっと違いますが、電池の持ちはやはり良くなりましたね。かなり余裕をもって充電できるようになりました。だいたい1日1回充電すれば持つかなという感じです。

まー欲を言えばもうちょっと持ってくれると嬉しいですけどね。

ただこれ 5 と比べるとけっこう充電に時間がかかりますね。容量が増えたからというのもあるでしょうが、iPad mini と同じくらい充電に時間がかかる感じです。

■カメラ

カメラは 5s でかなり良くなった印象ですが、夜にさらに強くなったようですね。
かなりの暗さでも、わりと肉眼に近い感じで撮れてくれます。

もう 5 の段階で私はコンデジで撮らなくなったのですが、6 Plus でそれはさらに強固になりました。
これを上回るには高級コンデジか一眼しかないなと思います。

わざわざ iPhone 以外のものを持ち歩く必要がほとんどないですね。「作品」として写真を撮る時だけだと思います。

■使用スタイル

6 Plus になって明らかに使用スタイルが変わりました。

片手操作については、確かに片手で操作しづらくなったのですが、そもそもそんなに片手で操作することがないんですよね。僕の場合。

片手で操作するのは机に置いて人差し指で操作する時くらいです。空中にホールドすることがあんまりないです。

たぶん田舎暮らしだから。
都会だと片手に荷物を持っていたり、つり革につかまっていたり、片手がふさがる場面が多いですよね。でも田舎で車社会だとそういう機会もグンと減ります。

隣の人に大画面を覗かれる心配もない。

なので、片手で操作しづらい問題は田舎住みの僕にはあまり関係なかった模様です。

ポケット問題に関しては、薄さもありほとんど気になりませんね。私の場合前ポケットに入れてますが、先日ポケットに入れたままで愛車のタイヤ交換作業をしてもまったく問題なく曲がったりもしませんでした。

お尻ポケットにはさすがに入れたくないですけどね。

むしろ大きくなったことによるプラス面が多いです。私はスケジュール管理や仕事のメモ、名刺の管理をこれまで iPad で行っていたのですが、すべて 6 Plus に移行しました。

いわゆる手帳サイズなので、非常に取り回しがいいんです。いわゆる PDA サイズですね。hp の iPAQ を使っていたのが懐かしいです。

iPad はポケットに入らないけど、6 Plus は入る。この差はでかいですね。

ブログの更新スタイルにも変化があるかもです。
これまでは Mac で更新していたのですが、空いた時間にすこしづつ書き進めることができる iPhone で更新することが増えるかもしれません。

これには文字が打ちやすくなったことが影響しています。

試しに今回の記事はすべて 6 Plus で書いています。

■iPad は要るか?

上の件もそうですが、iPad でこなしていた作業のほとんどの部分を 6 Plus でまかなうことができそうです。

が、やはり画面がさらに大きい方が使い勝手が良いという作業もあります。

私は仕事でよくイラストを描くのですが、やはりお絵描きは iPad に軍配が上がりますね。

それとこれは「横着するな!」と言われそうですが、バンドで歌詞のカンペにするときにはやはりiPad の方が視認性は良いです。

ただ、思いつく限りこれくらいです。あとはもう 6 Plus で十分です。

■landscape 要る?

Plus にだけ搭載された landscape モードですが、私は今のところこの恩恵に授かったことはないです。メールの選別がやりやすいくらいかな?

むしろホーム画面では横になるとやりづらいです。

まー熟練すれば片手操作時にひょいと横にして「戻る」ボタンを押すとかもできるかもしれませんがね。先述の通り片手で操作する場面が私にはあまりないもので、今のところあまり landscape モードの必要性を感じていません。

同様にホームボタンダブルタップの画面全体が下に下がるモードもほとんど使いません。

■touch id って便利なのね。

私は 5 からの乗り換えなので、初 touch id ということになります。

これ、便利ですね。

スリープを解除してそのまま指をホームボタンに置いておけば、パスコードを入力しなくてもいいというのがこんなにストレスフリーなんだと思いました。LINE とかその他のアプリでも各々別のパスコードを指に登録できると便利だなと思いました。

■なんか落ちる?

これは iOS のせいなのかも知れませんが、アプリが突然落ちたり、起動そのものができなかったりという現象が結構あります。

まーそんなに使用頻度の高いものじゃないのが多いのでそれほど気にしてませんけどね。

OS がアップデートされたり、アプリの開発元が対応してくれれば徐々に改善されていくでしょう。

■けっこう気に入ってます(デザイン以外は)。

ということてでかなり長文になってしまいましたが、iPhone 6、おおむね気に入っています。

デザインはケースやバンパーでなんとか誤魔化すことにします 笑
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。